BOUTIQUE SENSORIUM

IMMERSIVE THEATRICAL DINING EXPERIENCE

PRODUCED BY KULTUREHAUS

食事とテクノロジーを融合させた体験を提供するスタジオであり、VRダイニングや仮想現実ダイニング、干渉型スマートテーブル、3-Dの食物プリンター、原子化した食事等がこれに該当する。この90分のイベントに参加したゲストは50名の重要なエグゼクティブと50名のジャーナリストであり、2日間に渡りMilan Design Weekにて提供された。この参加者達は、液体窒素のガスパチョや絵を描くことができる食べ物のカンバスといった不思議な食事を体験した。

*STORIESネットワーククリエイターのプロジェクトです。

*STORIESチームおよびクリエイターネットワークによるプロジェクト